アラサーノマドの2カ国留学ブログ

アラサー男子がセブ島留学・ロンドン留学・ビジネス英会話の口コミや海外旅行・ノマドワーカーなどに関して書いています

思考停止する幸せと、他の誰でもない自分の人生を生きること

ノマドワーカー

ノマドワーカーになると、日付を忘れるだけでなく曜日感覚すらなくなってきます。

金曜日は、世間ではいわゆる花金です。

普通に会社に勤めて週5日で働いていると、多くの人は金曜日が楽しみになったりしますので、その点はとても楽しい気がします。

なんだか一週間が「月曜日だ〜」から始まり、「金曜日だ〜!」で終われる人生は幸せなようにも見えます。

最近はなんだか一周回って、世の中には気づかない「幸せ」があって、日々仕事に忙殺されて思考停止することも「幸せ」ということも、あるような気がしています。

スペイン人には「日本人は仕事ばっかで幸せな人生だね〜!」と言われましたが。

思考停止する幸せ

現状に何の疑問も抱かずに働き続けられる人は、ある意味最強です。

他の人生を知らずに、外の世界に気づかずに生きれるというのも、ある意味「幸せ」なのかもしれません。

一方、他の人生を知ってしまい、現状に不満を抱きつつ生きていることほど悲しいことはありません。

特段現状に不満も疑問も抱かずに生きられるというのは、なんだかとても幸せな人生な気がします。

これを「思考停止」と呼ぶ人もいるのかもしれませんが、気づかない本人はとっても幸せです。

他の世界を知ってしまったから、他の生き方を知ってしまったから、現状が嫌になってしまう。

そんなことはあるように思います。

でも、何も知らずに、気にすることもなく、一生生きていけたならば、それは幸せなんでしょう。

何かを成し遂げた人の話を聞こう

最近は筆者も、俗に言う世間一般の価値観に流されていた気がします。

今思えば、何も成し遂げてない人の話を聞いても全く意味がなかったし、とても時間の無駄でした。

自由な時間や自由な生き方、特に自分が働かなくてもお金が入ってくる仕組みが欲しいなら、それを実現している人の話を聞かないと意味がないように、何でもない人の話を聞いても何にもなりません。

というか、むしろ自分の人生にとってマイナスです。

好きなことをした方が特な時代

改めて思うに、自分が好きなことをした方が良い時代に突入しているような気がします。

かのスティーブ・ジョブズが言っていましたが、

Don't Be Trapped by Dogma – Which is Living With the Results of Other People's Thinking 

ということで、自分が信じる道を生きた方が良いです。

最近私はどうでも良い人の話をふんふんと聞いててしまっていた気がします。 

おそらくそういう人ばかりが周りにいたら、そういう思考が刷り込まれてしまう訳です。

ただ、今の時代に昔の価値観の話を聞いても1ミリも役に立たないということを、最近改めて思い返しました。

もっと変化のスピードが日本よりももっと早い発展途上国に行こうかなあとふと思った次第でもあります。

いずれにせよ、他の誰でもない自分の人生を生きることが大切です。

その人が言っていることではなく、その人の行動や成果が全て

結局、理想の人生を送っていない人の話を聞いても、何の役にもたちません。

その途上の人なのか、すでに理想の人生を送っている人なのか。

そういう見極めも大切ですが、そもそも人生において困難な選択をしてきた人々は、自分よりももっとずっとはるか先にいっています。

そんな当たり前のことを忘れていました。

口だけの人は決して信用してはいけません。

結局、その人が言ってることじゃなく、やってることを見た方が良いということです。

行動は嘘をつかないし、成果は嘘をつきません。

その人は今何をしているのか?ということです。

現代において悠々自適に生きている人がいる一方で、毎日消耗しちゃっている人もいます。

消耗しちゃっている人の話を聞いても、何の意味もありませんでした。

そういう人は石の上にも3年という迷信を信じて働いて、結局何も事を成すことはないのでしょう。