アラサーノマドのセブ島留学・ロンドン留学ブログ

アラサー男子がセブ島留学・ロンドン留学、ノマドワーカーに関する情報をお届けするブログ

MENU

ユーロの両替はどこですべき?海外ATMで現地通貨引き出しがオススメ

f:id:abroaders:20170616222403j:plain

まず結論から伝えますと、ユーロの両替を現地でするのは、全くオススメしないということです。

日本の銀行でやっておくか、もしくは、海外現地で現地通貨を引き出せる入会金・年会費無料のJTBキャッシュカードを利用した方が断然お得です。

もちろんクレジットカード利用でもいいんですけど、クレジットカードの決済手数料を毎回取られてしまいますので、JTBのキャッシュカードで現地通貨を引き出して利用した方がお得です。

ヨーロッパのメジャーどころへ旅行予定の方は…

f:id:abroaders:20170615233943j:plain

例えば下記都市のようなヨーロッパの有名どころに旅行予定の方は、絶対にユーロの両替は日本でやるか、海外で現地通貨を引き出せる入会金・年会費無料のJTBキャッシュカードを利用した方がお得だと思います。

  • イタリア(ローマ、フィレンチェ、ベネチア、ミラノ)
  • スペイン(バルセロナ、マドリード)
  • ドイツ(フランクフルト、ミュンヘン、ベルリン)
  • オーストリア(ウィーン、ザルツブルグ)
  • ベルギー(ブリュッセル、ブルージュ、アントワープ)
  • オランダ(アムステルダム、ロッテルダム、ハーグ、ユトレヒト)

筆者は今回は北欧には行きませんでしたが、上記の都市はほぼ回っています。旅行した感想としては、正直レートが良いと言えるところは特にありませんでした。

なお、イギリスのロンドンの場合はポンドで、ロンドンには両替所は色々あるのでまあ長期滞在するなら探しても良いかもしれませんが、毎回両替所まで行くのが正直手間かとは思います。

ヨーロッパの現地でレートの良い両替所を探すのが、手間

f:id:abroaders:20170615190922j:plain

というか、ヨーロッパを旅行する時に、わざわざ毎回現地でレートの良い両替所を探して両替するのって、はっきり言ってめちゃくちゃ手間でした。

大体おきまりのパターンは下記です。

  1. そもそもこの地で両替して良いのか? → ぐぐる
  2. レートが良い両替所はどこにあるのか? → ぐぐる
  3. 電車やバスでの行き方を調べる → 結構遠かったりする…笑
  4. 行って見て実際どんな感じなのか聞く → ようやく両替…

正直こんなことをするなら、どう考えても日本で両替してもっていくか、海外現地で現地通貨を引き出せるJTBキャッシュカードを利用してそこらへんのATMで引き出した方が時間もお金も節約できます。

そもそも毎回現地で両替所を探していたら観光時間も削られちゃいますので、JTBキャッシュカードを利用した方が効率的かと思います。

海外専用トラベルプリペイドカード「JTB MoneyT Global」の特徴

  1. 入会費・年会費・口座管理手数料、カード発行手数料無料
  2. 入会審査いらずで誰でもカードを発行可能
  3. 世界200カ国260万台以上のATMから現地通貨を引き出し可能
  4. 銀行の営業時間内なら、約1時間でチャージされる
  5. 海外のVisa加盟店では、ショッピングやレストランでのお支払いにも利用可能
  6. 海外でカードの盗難・紛失時は、24時間日本語対応のコールセンターでカード利用を即時停止可能

などなど…

これ以外にも最近では海外の自然災害や治安情報などをメールで送ってくれるサービスなども追加されたようで、海外現地で現地通貨を引き出せるJTBキャッシュカードは正直かなり便利です。

ちなみに筆者の経験上、レートがまだマシだったのはドイツのベルリンのEuro Changeぐらいだったかと思います。

他の都市でも毎度探しましたがそんなに良いところはなく、スイスはフランでしたが、はっきりいって論外でしたので、結局カードが一番かと思います。

特にヨーロッパで筆者が聞いた両替所の中で、レートが最悪だったのがイタリアの「ローマ」です。

ヨーロッパの中で両替レートが最悪だったのが「ローマの空港」

f:id:abroaders:20170616194843j:image

多分ローマに旅行に行かれる方は多いと思うんで、これは本当に皆さん気をつけて欲しいんですが、絶対にローマの空港で両替はしない方が良いです。

筆者は直通電車でテルミ二駅に移動(14ユーロ)したのですが、ここの目の前にある両替所で1万円を両替しようとしたら、なんと55ユーロ!!!!

これはありえません…

1万円の両替に3000円以上の手数料がかかる両替所とか初めて聞きました。

まさか受付の人に「いくらなの?」と聞いて、「フィフィティなんちゃら〜」という返事を聞くことになるとは思いもよりませんでした。

いままでヨーロッパの他のレートの悪いところで「60〜」とかそれぐらいのレートの悪さは聞いたことがあり、筆者もめんどくさい時はもうしょうがないかあ〜となってましたが、さすがに55ユーロってありえません。

まともなところだったら普通に75ユーロ以上はもらえます。ベルリンはそうでしたね。

ですので、ローマに行く時は絶対に、海外現地で現地通貨を引き出せるJTBカードを持って行くべきかとは思います。