アラサーノマドのセブ島留学・ロンドン留学ブログ

アラサー男子がセブ島留学・ロンドン留学、ノマドワーカーに関する情報をお届けするブログ

MENU

ドイツのドアの鍵の開け方のコツは鍵を引く!鍵を開けるのが超絶むずい件

f:id:abroaders:20170611043459j:plain

ドイツのドアの鍵の開け方が超絶むずかったので、ここに筆者と同じく鍵を開けれなくて途方にくれてしまった人のために、ドイツのドアの鍵の開け方のコツを残しておきます。

ちなみにこれはカードキータイプのホテルではなく、昔ながらの鍵タイプのホテルのお話です。

え、ドア開けれないとかないでしょ?だってただのドアだよ?

f:id:abroaders:20170611044001j:plain

と思ったそこのあなた。

舐めてはいけません。

 

マジで、ドイツのドア、開きませんから。

 

筆者はまず一度はフロントの人に助けてもらい、2〜4回目は廊下ですれ違う人に助けてもらう始末でした。筆者の宿泊した部屋がちょうど人通りの多い部屋だったため助かりました。

しかしまあベルリンで泊まったホテルが古く、鍵がカードキータイプで無かったというのがそもそもの問題でした…

ミュンヘンでは全くそんなことなく、とても綺麗なホテルで良かったです。ちなみに今回もホテルは日本語で予約できる便利なAGODAさんで予約しました。

ミュンヘンではangelo by Vienna House Munich Leuchtenbergringに泊まりましたが、とてもとても快適でした。 空港からのアクセス良し、駅まで徒歩3分、主要観光スポットにも電車ですぐ行け、目の前にスーパーもあってお部屋も綺麗でした。

さて、話を鍵の話に戻します。

ドイツのドアの鍵の開け方のコツ

f:id:abroaders:20170611043640j:plain

コツは、

① 鍵を差し込み2回転できる方と反対方向に、鍵を1回転弱回す

② そうすると鍵が回らなくなるので、そこで一旦鍵を引く

 

この、鍵を引くが超ポイントです!!!

 

③ 鍵を引いた状態だとまたちょっとだけ回るので、それを回してドアを押す

 

これで、中に入れます。良かった良かった。

ちなみに、鍵を2回転させて、どちらで鍵が閉まるのかはちょっと分かりませんので、このやり方で開かない時は別の方に2回転させてチャレンジしてみてください。

ドイツの鍵は2段階式で鍵が伸びるようになっています。

ドイツ語しか話そうとしないドイツ人達だけど…

f:id:abroaders:20170611044649j:plain

ちなみに筆者がこのコツに気づけたのはGoogle先生のおかげではなく、通りすがりのドイツ人のおかげでした。

検索してもどの記事にも「鍵を引く」という単語がなかった…

ドイツ人はこちらが英語で話しかけても一言も英語は話してくれない人が多いのですが、筆者が助けを求めたドイツ人達も案の定100%ドイツ語で手伝ってくれて、実際に鍵を開けてくれました。

ただ、その際に「なんとかなんとかだよ!」みたいなことをドイツ語で言ってくれて、筆者の直感から、これはもしかして「鍵を引くんだよ!」みたいなことを言っているのか?!と気づき、なんとか部屋に入れるようになりました。

ドイツ人はドイツ語しか話さないけど(ここらへんはフランス人と似てる気がする)、いい人達でした。

ちなみにミュンヘンのホテルは英語も余裕で通じましたので、とりあえずミュンヘンのホテルはオススメしておきます。

日本語で予約できる便利なAGODAさんはこちら 

それではドイツで筆者のような被害者がでないことを、願ってやみません。