アラサーノマドのセブ島留学・ロンドン留学ブログ

アラサー男子がセブ島留学・ロンドン留学、ノマドワーカーに関する情報をお届けするブログ

MENU

社会人の2ヶ国留学体験談!イギリス留学とセブ島留学を10個の観点で徹底比較

ロンドン留学

今回はイギリスのロンドン留学とフィリピンのセブ島留学という2ヶ国留学を経験した筆者が、比較記事を書こうかと思います。

ちなみに筆者は米国(東海岸と西海岸)、中国(上海)、マレーシア(クアラルンプール)にも留学経験がありますのでそのあたりの経験も踏まえて記載します。

「英語を勉強したいけど、費用のこともあるしロンドンに行くべきなのかフィリピンに行くべきなのか…」

そんな形で現在セブ島留学(NILSなど)を迷われている方などに向けて、イギリス留学とフィリピン留学を様々な観点から考察し、両者のメリットとデメリットを踏まえ、最終的に一番オススメな留学方法をお伝えします。

イギリス留学とフィリピン留学の徹底比較

f:id:abroaders:20170706210328j:plain

観点① 上達する英語の能力は何か?

  • フィリピン留学:主にスピーキング能力が上達
  • イギリス留学:主にリスニング能力が上達(その他は自分次第)

まず、英語力上達の観点から考えてみますと、セブ島留学では英語の「スピーキング能力」を強化することができ、イギリスでは英語の「リスニング能力」を強化することできます。

セブ島などのフィリピン留学では、マンツーマンや少人数のグループレッスンで講師と朝から晩まで英語を話す機会があるため、スピーキング能力を強化することができるのです。

一方、イギリス留学では多くの場合、マンツーマンのレッスンを受講することはできません。

そのため、フィリピン留学よりも授業において、自分が英語を話す機会はどうしても少なくなってしまいます。

観点② 語学学校の授業形式はどうなのか?

f:id:abroaders:20170707182711j:plain

  • フィリピン留学:マンツーマン + 少人数のグループレッスン
  • イギリス留学:10数人のクラス形式でのレッスン

観点①でもみてきたように、フィリピン留学とイギリス留学とでは「授業形式(レッスンスタイル)」が違うのです。

フィリピン留学の場合は講師の賃金が安いこともあり、基本的にマンツーマンで朝から夕方までスピーキングの練習ができます(フィリピン講師の月給は大体3万円と言われています)。

ですので、フィリピン留学では1:1のマンツーマンのレッスンを長時間受けることが可能なのです。

一方、アメリカやオーストラリアなどもそうですが、イギリスに留学した場合は当然講師の賃金が高いため、一人一人に対してマンツーマンで先生をつけることはできません。

そのため、必然的に講師一人に対して10人程度の生徒がいるクラスに入ることとなります。

したがって、当然自分が英語を話す時間は少なくなり、スピーキング能力が授業だけでは上がらないという課題にぶつかります。

また、フィリピン留学のように朝から晩までレッスンということはありません。

殆どの語学学校では、1日の中に空き時間があったり、「この日は午後だけ」「この日は午前中だけ」などのレッスンスケジュールになるかと思います。

観点③ 語学学校のクラスメートはどうなのか?

f:id:abroaders:20170707182639p:plain

  • フィリピン留学:日本人や韓国人が殆ど。一部中国人がいる
  • イギリス留学:ヨーロッパ各国、南米、中国人、韓国人が多く、日本人は少ない

続いて、クラスメートの観点を考えてみます。

フィリピン留学とイギリス留学とでは、クラスメートもかなり異なります。

フィリピンのセブ島には、韓国資本の語学学校がたくさんあります。

したがって、日本資本の語学学校にいけば周りは日本人ばかりの生活に、韓国資本の語学学校に行けば周りは韓国人ばかりの生活になります。

一方、イギリス留学には、世界各国から人が集まります。

この点はイギリス留学の魅力と言えるでしょう。

世界各国から留学しに来ている外国人と英語を練習することができますし、世界中に外国人の友人を作ることができます。

ちなみに、近年イギリスに留学している日本人はとても少なくなってきているようです。

イギリスに留学しているアジア人は中国人が圧倒的に多く、次に韓国人、そして日本人といった感じで、もはや現代では留学する日本人はマイノリティです。

ちなみにこちらはアメリカに留学した場合なども同じで、筆者がアメリカに留学した際も、ヨーロッパの人はたくさん来ていました。

個人的に感じたイギリス留学とアメリカ留学に来るヨーロッパの人の違いは、アメリカに留学してくるヨーロッパの人々は、アメリカがそんなに嫌いではないということではないでしょうか。

一方、イギリスに留学してくるヨーロッパの人々は、基本的にアメリカがそんなに好きではない傾向があるように思われます(これは結構主観が入っていますが…)。 

観点④ 学校以外で英語を学べるか?

  • フィリピン留学:街で英語を話せる人は多くはない
  • イギリス留学:街に英語ネイティブが沢山いる

イギリス留学など、英語ネイティブが沢山いる国に留学するメリットの一つに、街でも英語を学ぶことができるという点があります。

イギリスは確かにマルチカルチャーで、移民も多い国です。

ですが、ロンドンの中心地(特にZONE1や2)のお店には、英語のネイティブが働いているお店が沢山ありますので、そういう英語のネイティブと会話する機会を得ることもできるでしょう。

また、ネイティブが話す通常のスピードの英語を聞き取れるようになることは、とても大切です。

語学学校の英語教師は、基本的にゆっくり英語を話してくれますので、語学学校の英語教師が話していることを理解できるようになったからと言って、街中のネイティブ達と流暢に会話ができるようになるとは限りません。

街中のネイティブは、こちらが英語を聞き取れるかどうかなど全く気にせずに通常のスピードの英語を話しますので、とてもリスニングの練習になるかと思います。

また、ネイティブが多く住んでいる国であれば、Meetupなど現地の人々と交流するイベントに参加することで、イギリス人の友人を作ることもできるでしょう。

英語ネイティブのイギリス人の友人ができれば、学校の外でも英語を使う機会が増え、英語のスピーキングの機会も増えていきます。

もちろんフィリピンのセブ島にも英語を上手に話せるフィリピン人は結構いますが、個人的にはやはり英語のネイティブとなるべく多く話した方が、綺麗な英語を身につけることもできるので良いでしょう。 

観点⑤ 費用はどうなのか?

f:id:abroaders:20170707182800j:plain

  • フィリピン留学:40万円
    (飛行機代など交通費8万円、学校&滞在費用25万円、生活&交際費:7万円)
  • イギリス留学:70万円
    (飛行機代など交通費15万円、学校&滞在費用40万円、生活&交際費:15万円)

1ヶ月の留学でかかった費用はざっくり算出するとこんな感じでした。

ちょっと筆者は費用がかかりすぎている方かと思いますので、おそらく一般的にはフィリピン留学30万円、イギリス留学50万円代ぐらいでいけるかと思います。

特にイギリスのロンドンへは、1度どこかでトランジットして行けば、もっと安い便があるかと思います。

その分体力は消耗しますが…

まあ色々書きましたが、やはり費用の点ではフィリピンのセブ島留学が圧勝かと思います。

ロンドンの家賃はとても高いですし、外食も基本的に日本の水準と比べると高いです。

(日本が先進国の中ではとても家賃が安く外食が安い稀な国なのかとは思います)

したがって、ロンドンに留学される方の多くは、基本的にはホームステイや学校のレジデンスに住むことになるでしょう。

長期間で行かれる方は、しばらくホームステイや学校のレジデンスに滞在してから、友人とシェアルームを探すのもオススメです。

ちなみにロンドンのZONE1の中心地などに住もうとしたら、毎月30万円〜40万円ぐらいかかることもあります。

ただ探せば10万以下のところもあるっちゃありますので、そこは個々人の努力次第な気はします。

一方、セブ島ではタワマンに3万円で住めます。

日本のパスポートさえあれば、観光ビザでタワマンに余裕で住めます。

英語が拙くても、語学学校の先生に紹介してもらえば万事OKです。

日本のパスポートは最強でした。

観点⑥ 食べ物はどうなのか?

f:id:abroaders:20170707182841j:plain

  • フィリピン留学:とにかく安い。美味しいご飯もある。野菜少なめ
  • イギリス留学:正直まずいので自炊がオススメ。お金と時間をかければ…

イギリスはとにかく食べ物がまずく、レストランなどの外食は高いです。

近年だいぶマシになってきているという話は良く聞きますが、日本と比べたら全然美味しくないです。

美味しいとか言っている人は多分舌が麻痺しています。

個人的にはロンドンで食べた食事の殆どは、ケンタッキーより美味しくありませんでした。え

まあそこそこ高いお金を払えばもちろん美味しいものもあります。

また、イギリスに留学してもスーパーで自炊をすれば特に問題はありません。

よくイギリスに長く滞在していると、「イギリス料理はまずくない!」と主張されたりもしますが、それは長いイギリス生活によって舌が麻痺しているからです。

つまり、長期留学であれば舌は麻痺しますので、段々と問題なくなってくる可能性はあります。え

もしくは、お店にいく前に徹底的にリサーチをし、美味しいところにしか行かないという手間をかければ、快適に生活できるかもしれません。

一応ロンドンであればお店はたくさんありますので、時間や費用をかければそれなりのリターンを得ることはできるでしょう。

ただそんなにも時間と費用をかけるよりは、普通に自炊して英語上達のために時間を費やす方が良いでしょう…

一方、フィリピン留学は食事は肉がメインで胃に重たいという特徴はありますが、味自体は美味しいところが結構あります。

全体的な特徴として「野菜が少ない」のですが、探せばありますし、何より安いです。

イメージとしては日本の1/2ぐらいの費用で済む感じでしょうか?

セブ島には韓国料理も多く、サムギョプサルを安く食べれたりもします。

もちろんイタリアンなどの洋食もあります。

観点⑦ 交通インフラはどうなのか?

f:id:abroaders:20170707182939j:plain

  • フィリピン留学:タクシー移動
  • イギリス留学:電車+バス移動

セブ島では基本的にタクシー移動がメインになります。

ですが上述したように安いので、そんなに交通費が負担になることはないでしょう。

ちなみにセブ島などのフィリピンで現地の乗り物に乗ったら激安ですが、あんまり安全の面でオススメはしません。

ロンドンでは日本と同じように電車やバス移動がメインになるかと思います。

交通に関しては両方ともそんなに不便はしないかと思います。

ただ当然セブ島の方が安いかとは思います。

ロンドンでは1ヶ月定期で大体2万円ぐらいはかかるかと思います。

観点⑧ 天気はどうなのか?

f:id:abroaders:20170707183019p:plain

  • フィリピン留学:ずっと夏。夕方にスコールあり。雨季と乾季
  • イギリス留学:ずっと曇り(笑)時々晴れるけど雨が降る日が多い

イギリスの天気は正直ず〜〜っと悪いです。

慣れるしかありません。

曇りや雨が途中で降る日が多く、冬は日本より全然寒いです。

ただ、春の季節などは日中の時間がとても長く、夜8時ぐらいでも明るいので、その点はとても良いです。

なので5~6月などは最高です。

一方セブ島の天気は、一年中夏みたいなもんです。

ベストシーズンは日本の冬のシーズンです。

日本にも台風が来る9月〜10月ぐらいにはたまに台風がくることがあるぐらいです。

観点⑨ 観光はどうなのか?

  • フィリピン留学:海が好きならオススメ!途中で飽きるかも…
  • イギリス留学:ヨーロッパ各国にいけるので観光スポットは豊富。超楽しい!

イギリス留学では、他のヨーロッパ諸国に気軽に旅行できます。

これはイギリス留学だけでなく、アイルランド留学などでも同じかとは思います。

やはりヨーロッパに留学すると隣の国にとても移動しやすいですので、観光が好きな方は、もう山ほどやることがあります!

この点はめっちゃ楽しいです。

筆者もヨーロッパ滞在中は色々と観光しましたが、まだまだ行ってみたい国はたくさんあります。

今度は北欧にいこうかなと考えています。 

一方、セブ島は途中で飽きます。

まあ長くても3ヶ月で良いかと思いますし、実際あんまり長期留学されている方にはお会いしたことがないです。

長くても3ヶ月〜半年ぐらいかな?という感じです。

マリンスポーツや海のアクティビティが好きな方にはオススメですが、そこまでそれらが好きじゃない方はヨーロッパの方がいいかもしれません。

ちなみに海のアクティビティは毎回5000円〜1万円ぐらいはかかるので、この点だけはちょっと費用がかかります。

まあイギリス国内でもショートトリップするとそれぐらいはかかってしまいますので、この点はそんなに変わらないかもしれません。

ちなみにヨーロッパでも、例えばスペインのビーチはとても綺麗でしたし、海に行くことも可能ではあります。

セブ島ほど気軽には行けませんが。

観点⑩ 治安はどうなのか?

  • フィリピン留学:セブ島は大統領が変わって以前よりとても安全に
  • イギリス留学:ヨーロッパの中では良いのでは?テロはありますが…

最後に機になる「治安」に関してですが、実際に滞在していた感想としては、セブ島もロンドンも治安は悪くありません。

さらにセブ島はマクタン島の方は、また違ったリゾートのような感じです。

まさに観光でゆったりと過ごしに来ている人々が多く、なんとも快適な空間が広がっています。

一方ロンドンでは最近テロが多いので、運が悪いと遭遇します。

確率論的にはとても低いですが、どうしてもそこが気になる方はカナダやオーストラリアなどの方が良いかもしれません。

ロンドン留学とセブ島留学に迷った時のオススメ長期留学法

個人的には、英語初心者の方は、まずはセブ島に3ヶ月程度留学してスピーキングを磨いてから、イギリスのロンドンなど英語ネイティブが多く住む場所に長期留学をされるのがオススメです。

(ある程度英語を話せる方でしたらセブ島には数週間滞在ぐらいで良いかと思います)

日本人はいかんせんスピーキングが苦手ですので、セブ島でスピーキング能力を磨いてから留学するという手法はとてもオススメです。

ちなみにセブ島で一番オススメの語学学校はフィリピン政府公式認定 語学学校NILSです。

ぜひ2カ国を堪能して、充実した海外留学生活を送ってください。