アラサーノマドの2カ国留学ブログ

アラサー男子がセブ島留学・ロンドン留学・ビジネス英会話の口コミや海外旅行・ノマドワーカーなどに関して書いています

ライザップイングリッシュの評判や費用から本気の社会人向けと判断

英語学習

皆さんは「ライザップ」をご存知でしょうか?

恐らく多くの方は「ライザップ」と言えば、ダイエットのイメージなのではないでしょうか?

実はそんな「ライザップ」を運営するライザップグループは、ライザップイングリッシュなどの「英語学習」の領域や、最近はアパレル会社を次々と買収して「アパレル領域」にも進出しているようです。

今回はそんなライザップグループが提供する「ライザップイングリッシュ」の料金や信頼性を徹底的に調べてみましたので、良ければ参考にしてみてください。

ライザップイングリッシュの料金は?

ライザップイングリッシュ

ライザップイングリッシュのコースは下記3コースに分かれています。

  1. ベーシックコース
  2. TOEICスコアアップコース
  3. 英会話コース

まず、①ベーシックコースが一番安いようですが、最低でも20万円以上はするようです。

講師はTOEIC900点以上の日本人講師とフィリピン人講師によって運営されています。

選抜された講師による一人一人の受講生に合わせた「フルオーダーメイド型」の英会話レッスンを提供するのが特徴のようです。

① ベーシックコース

f:id:abroaders:20170713145019j:plain

  • 入会金5万円 + ベーシックコース14万9千円 + 教材費 = 約20万円以上

② TOEICスコアアップコース

f:id:abroaders:20170713145141j:plain

  1. 入会金5万円 + トライアルプラン29万8千円 + 教材費 = 約35万円以上
  2. 入会金5万円 + トライアルプラン40万9750円 + 教材費 = 約46万円以上
  3. 入会金5万円 + プレミアムプラン78万2250円 + 教材費 = 約83万円以上

③ 英会話コース

f:id:abroaders:20170713151719j:plain

  • 入会金5万円 + ビジネス中級プラン45万円 + 教材費 = 約50万円以上

以上をみて見ると、なかなかライザップイングリッシュは、短期間で英語に本気で取り組みたい方向けの値段のように思われます。

例えば、いきなり海外駐在が決まって英語を勉強しないといけなかったり、社内で昇進のために短期間でTOEICを上げないといけなかったりする方にはぴったりなのかもしれません。

ライザップイングリッシュ入会後のコースもあり

ライザップイングリッシュ

ちなみに入会後には、「継続スコアアップコース」という、継続をお考えの方向けの追加コースや「ライフサポートコース」という、月2回メンテナンスするための月謝制のコースもあります。

これを見ると、ライザップイングリッシュは色々とアフターサポートも充実しているように見受けられます。

ライザップイングリッシュの店舗は新宿と池袋にあり

ライザップイングリッシュ

現在のところライザップイングリッシュは、池袋店と新宿店の2店舗があるようです。 

RIZAP ENGLISH 池袋店

  • 営業時間:7:00~23:00
  • 住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋1丁目-25番9 MYTビル5F
  • 最寄り駅:JR山手線 池袋駅 西武鉄道 東口(地上)出口 徒歩3分

RIZAP ENGLISH 新宿店

  • 営業時間:7:00~23:00
  • 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイタマビル9階
  • 駐車場:店舗裏側に有料コインパーキング有
  • 最寄り駅:JR山手線 新宿駅 JR南口 徒歩10分、東京メトロ丸の内線 新宿三丁目駅 C6出口 徒歩1分

駅から近い立地の良いところにあるようで、この点は東京に在住の方にとってはとても便利なのではないでしょうか。

続いて、ライザップイングリッシュの運営会社の信頼性を検討します。

ライザップイングリッシュの運営会社の信頼性は?

ライザップイングリッシュの会社概要

会社概要を確認すると、ライザップイングリッシュはRIZAPイノベーションズ株式会社と株式会社アチーブゴールが運営していることがわかります。

株式会社アチーブゴールは2011年に設立された会社で、事業内容は以下となっています。

  1. 欧米・東アジア地域語学学校の運営及び留学手続き代行事業
  2. フィリピン人英語講師の国内英語講師としての派遣事業
  3. オンライン英会話運営事業
  4. RIZAP ENGLISH運営事業 

これを見る限りはアチーブゴールが、これまでに培った英語教育のノウハウなどをライザップに提供しているようです。

一方、RIZAPイノベーションズ株式会社は、もともとはパーソナルトレーニングジムなどを運営していた「健康コーポレーション」です。

こちらは社名を2016年に変更していますので、つまりはRIZAPグループという認識で良いでしょう。

RIZAPグループの業績は増収増益

ライザップグループの業績推移

ライザップグループは上場企業ですので、HP上に業績がきちんと開示されています。

ライザップグループは英会話事業だけでなく様々な事業を展開していますが、年々増収増益を続けている急成長中の企業のようです。

なんと設立4年で売上高は100億円を超え、あっという間に上場し、なんとすでに売上高1000億円に到達しようとしています。

これはなかなかの急成長ベンチャー企業と言えるでしょう。

ですので、どこかの英会話スクールのように、自分がライザップイングリッシュに通っている間にいきなり倒産になるという確率は、今の所は低いと考えて良いでしょう。

ライザップの社長も信頼できるのか?

ライザップイングリッシュ

企業が好調なことは分かりましたが、ライザップを経営する社長の人間性はどうなのでしょうか?

ライザップグループの社長は「瀬戸 健」氏です。

瀬戸氏は1978年生まれの学生起業家です。

明治時代学商学部を中退し、24歳の時にライザップグループの元となる健康コーポレーションを創業しています。

その後たった4年で売上高100億円を達成しています。

恐ろしい経営手腕を持った社長ですが、ライザップ社長が語る「ブレイク前の苦闘」というDMM英会話を運営するDMMグループ会長の亀山氏とのインタビューがありましたので、少し内容を抜粋します。

ライザップグループのコンセプトは「自己投資産業」

亀山:ところで、大豆やおからの食品、美顔器、石鹸、ダイエットと、グループ全体で健康系・直販型のビジネスを基本にしてるのかな?

 

瀬戸:はい。起業のときから「健康でいこう」と。

市場が大きいですし、私たちはこれらの事業を「自己投資産業」と言っているんです。

 

亀山:自己投資産業とは?

 

瀬戸:「豆乳クッキーダイエット」も美顔器も、購入者はクッキーや美顔器そのものが欲しいのではなく、「クッキーを食べてやせたい」「美顔器を使ってキレイになりたい」と一歩先のなりたい自分を想像して買うのです。

衣食住の生活必需品ではなく、なくても生きていけるけれど、あると毎日が楽しくなる、自分に自信が持てる。

そんな自己投資のための商品を扱うのがコンセプトです。

筆者はこちらのインタビューを拝見する限り、社長の瀬戸氏はなかなかの経営手腕を持つやり手の経営者であるだけでなく、かつ「自己投資のための商品を扱う」のがコンセプトという明確な軸を持っている経営者のようです。

若い時は自分にお金をかける方が、長い目で見れば一番レバレッジが効くとは良く言われています。

今のうちに自分に投資をしておいた方が、結果として数年後に一番リターンを得られるということです。

ライザップグループは、今までダイエットなど他の領域でも確かな実績を持ち、順調に事業を成長させてきている企業でもあります。

そのようなしっかりしたノウハウを持った企業の元、「本気で英語に取り組みたいけれども、セブ島留学やロンドン留学ほどの留学の時間が取れない方」や「なんとしてでもTOEICの点数を短期間であげたい方」などは、本気で自分に投資して、ライザップイングリッシュに通ってみても良いのではないでしょうか?

ライザップイングリッシュの無料体験はこちら