フィリピンのジョリビーとは?マクドナルドとの戦いは中国VS米国の縮図?

皆さんはジョリビーというファーストフード店をご存知でしょうか?

写真のような可愛い?ミツバチのマスコットキャラクターがいる、フィリピンの超人気ファーストフード店です。

ジョリビーちなみにジョリビー(jolibee)の「joli」は「jolly」から由来しており、「楽しい・愉快な・陽気な」という意味を持っています。「bee」は「昆虫のハチ」です。

そのため、マスコットがハチなのです。

ジョリビーのパスタは甘い

ジョリビー

まずみなさんが気になるであろうメニューから紹介しますが、ジョリビーのメニューは基本的に「チキン+パスタ」や「チキン+ライス」など、チキンと何かになっています。

個人的にはスパイシー味のチキンが好きですが、パスタはとても甘いです。

ターゲットがファミリーであったり子供であったりするからなのか、もともとフィリピン料理が甘いものが多いからなのかはわかりませんが、ぶっちゃけパスタはそんなに美味しい感じはしませんでした。笑

ジョリビーは常に激混みですが…

ジョリビー

ちなみにセブ島ではスーパーなどではめちゃくちゃ列で並んだり、レストランでも食べ物が出てくるのが遅かったりします。

ですが、ジョリビーはオペレーションが良いのか、いつ見ても人は並んでいますが、提供に関しては結構スムーズです。

ジョリビー

こんな感じで店員さんがせっせと働いています。セブ島でこんなにせかせか動く店員さんを見るのも珍しいかもしれません。

ちなみにお客さんのみなさんも、バーガーよりもチキンを頼まれている方が多そうでしたね。

ジョリビーの理念やM&Aから読み取れる思想

ジョリビー

どうやら今のロゴは「Beeda ang sarap!」のようです。

フィリピン人の友人曰く、これは正しくは「Bida ang sarap!」だそうです。「Bida – star」、「Sarap – delicious」という意味で、「Taste is the best!」という意味になるそうです。

ちなみに以前は「Bida Ang Saya」で、訳すと「Happiness is the best!」だったみたいです。とても素敵な理念ですが、この理念の下、実はジョリビーはフィリピン国内でも多くのM&Aを実施しています。

HPの情報によると、2015年3月31日時点で以下のような状況です。

まず全体として、ジョリビー・フード・コーポレーションは、世界中に2,951店舗のお店を持っているそうです。

フィリピン内のジョリビーブランド店舗数は?

フィリピン内のジョリビーブランドの店舗数はというと…

・Jollibee 869(ジョリビー)

・Greenwich 216(ピザ)

・Chowking 419(中華)

・Red Ribbon 334(ケーキ)

・Mang Inasal 452(焼き鳥)

・Burger King 45(ハンバーガー)

→以上の計2,335店舗です。

調べていて驚きましたが、フィリピンで良く見かけるチェーン店はほとんどがジョリビー傘下だったようです…

フィリピン外のジョリビー店舗数は?

海外はどうなのかというと…

・USA 32

・Vietnam 60

・Brunei 12

・Saudi Arabia 10

・Qatar 3

・Kuwait 3

・Singapore 2

・Hong Kong 1

→合計123店舗!

いやはやおそるべしジョリビーですが、ジョリビーはM&Aによってチェーン店を買収しても、元のブランドを維持したまま拡大を図る戦略のようです。

ちなみに海外店舗でサウジアラビアがありますが、サウジアラビアにはフィリピン人は英語講師として行きやすいようです。そのような背景もあってか、サウジアラビアにも店舗があるのかもしれません。

実はジョリビーのファウンダーは華僑

ジョリビー
出典:Tony Tan Caktiong | Online Business Ideas for Entrepreneurs | Business Plan, Resources, Tips and Strategy | Entrepreneur Philippines

一方、ジョリビーと激しく競争しているのが、アメリカ発のマクドナルドやケンタッキーです。しかし実はこの対決というのは、フィリピン VS アメリカの戦いではなく、中国 VS アメリカの戦いとも言えるのかもしれません。

と言いますのは、ジョリビーはもともと生粋のフィリピン人が創業した企業ではなく、ファウンダーは華僑のトニー・タン。中国福建省からの移民が創業した企業でした。

多くのフィリピン人もそのことについては知っているようで、フィリピン人の友人曰く、なかなか生粋のフィリピン人が1世代で大企業を創り上げて成功していったストーリーというのはまだまだ少ないようです。

トニー・タンは2016年時点にて純資産30億ドルの億万長者ですが、現在フィリピンにある大企業の創業者のほとんどは中国人や韓国人ファウンダーによるものとのことでした(正確な数値は統計を取ってないのでわかりませんが、印象だとそんな感じみたいです)。

フィリピンのマクドナルドの店員さんはノリ良し

マクドナルド

話が少々それましたが、筆者はマクドナルドにもいってきましたので、ついでにマクドナルドがどんな感じだったかをご紹介します。

まず、割といつも空いてます。大丈夫なのかマクドナルド…笑

ですが、筆者が写真を撮ったらなんと店員さんがピースをしてくれるぐらいノリは良かったです。笑

フィリピンのマクドナルドはチキンメニューが豊富

マクドナルド

こちらもジョリビーと同じくチキンのメニューが豊富にありました。

もちろんバーガーのメニューもあります。

マクドナルド

あとは日本でもおなじみのサイドメニューなど。

ちなみにドリンクにはパイナップルジュースがあったのがありがたかったです。

マクドナルド

値段は写真にもありますが、現在1ペソ=2.4円程度ですので、日本よりも安く食べられることができます。だいたいセットメニューでも半額程度でしょうか?

筆者は200円以下でチキンのセットメニューを食べました。

個人的にはマクドナルドのチキンの方が美味しい

マクドナルド

食べて見て思ったのですが、マクドナルドのチキンの方が美味しい気がしました。笑

まあでもこの辺は正直好みによるんじゃないかと思うので、気になる方はぜひジョリビーとマクドナルドのチキンを食べ比べて見てくださいね。

ちなみにマックではもちろんWifiも使えるので、Wifiが必要な時に立ち寄るというのも全然ありな選択肢かと思います。

フィリピンのビールについて

あと、大抵のフィリピン人はジョリビーに加えてビールが好きらしいので、フィリピンのビールについても最後にちょっとご紹介します。

おそらく良く目にするのは「サンミゲル(San Miguel)」シリーズと「レッドホース(Red Horse)」かと思います。

ですが実はこの商品を提供しているのは両方とも「San Miguel Corporation」の子会社の「San Miguel Brewery」のようで、現在では日本のキリンが相応の株式を保有しています。

そう考えるとスペイン統治時代に設立されているとはいえ、キリン次第ではありますが、今後フィリピンのビールは結構日本色が強くなっていくのかも…?という気もしました。

1. サンミゲル(Samigel)シリーズ

Samigel Light(ライト)

フィリピンのビール

フィリピンの定番ビールといったらこのサンミゲルライトです。サンミゲルライトが置いていないお店はほぼないでしょう。

日本のビールより薄味ですが、台湾ビールよりは濃いぐらいの味です。

Samigel Apple & Lemon(アップル&レモン)

フィリピンのビール

続いてご紹介するのがサンミゲルアップルとサンミゲルレモンです。

サンミゲルアップルは味がかなり甘いので女性に人気?かもしれません。レモン味もかなり飲みやすいです。

フィリピン人曰く、フィリピンの若い世代はライトよりアップルやレモンを好むそうです。その他にも「rhum(ラム酒)」が好きという若いフィリピン人もいましたが、フィリピン人はどうやら基本的に甘いものが好きなようですね。

San Miguel Pale Pilsen(ペールピルセン)

フィリピンのビール

サンミゲルのペールピルセンはサンミゲルライトよりも多少味が濃いめな気がします。お店では値段が一番安いことが多いかもしれません。

その他サンミゲルシリーズには、San Miguel Premium ALL-MALTS(プレミアムモルツ)もあります。ですが、正直日本のビールと比べるとそんなにどれも変わらない気もします。

2. レッドホース(Red Horse)

フィリピンのビール

続いてご紹介するのがレッドホースですが、レッドホースは右側のビールです。その名の通り外観は赤いです。

サンミゲルライトよりも多少度数が強く、味も濃い目です。日本のビールに近いものや度数が多少は高いビールを飲みたい方にはレッドホースがおすすめです。

フィリピンのビールはフィリピン人曰くほぼサンミゲルとレッドホースらしいのですが、将来的には新たに日本っぽいビールも入ってくるのかもしれませんね。

ビールが苦手ならマンゴーシェイクかフレッシュジュース

フィリピン

ちなみにビールが苦手な方にはマンゴーシェイクやフレッシュパイナップルジュースなどがおすすめです。

ジュースはフレッシュとフレッシュじゃない場合がありますので、レストランで注文する時には必ずフレッシュなのかどうかを確認した方が良いかと思います。

フィリピン

ではでは。

おすすめのビジネス英会話スクール
おすすめのプログラミングスクール

関連記事

セブ島で一番おすすめのイタリアンはミケランジェロではない件

Cebu

【最新版】セブ島留学は危険?経験者がメリットとデメリットを詳細に紹介

漫画

フィリピンで人気の日本の漫画TOP5を聞いて見た。

フィリピンで人気のECはインスタグラムっぽい。

夏のファッション

セブ島の服装は半袖半ズボン+羽織るモノで年中OK!但し〇〇は忘れるべからず!

セブ島で絶対おすすめのフィリピン料理屋5選!これ食べないで日本に帰るの?!