【北京・天津旅行記】中国はmobikeやofoなど自転車のシェアリングエコノミーが台頭中

Taxi

今回の北京・天津旅行で強く感じたのは、中国の方が日本よりシェアリングエコノミーの普及が早いんじゃないかという点です。

f:id:abroaders:20170425132839j:plain

前半では中国のシェアリングエコノミーについて触れ、後半で今回の北京・天津旅行のまとめを書いておきます。

中国のタクシーはDidi Taxi一強の時代

Taxi

日本はUberやAirbnbなど、シェアリングエコノミーに対す規制が激しいですが、中国ではちゃくちゃくとシェアリングエコノミー市場が発展しています。

中でも有名なのはDidi Dache(嘀嘀打車)でしょう。

Didi Dache(嘀嘀打車)は以前はKuaidi Dache(快的打車)と競争していたのですが、それが合併し、今では中国で一強です。

そしてついにUberも中国で使えなくなってしまいましたので、タクシーアプリはDidiに依存するしかありません。

ですが、実際のところ現時点ではDidiの需要に対して、供給が全く追いついていないのが現状です。

街中は車で溢れ渋滞もすごく、場所によってはかなりのお金を上乗せしないとタクシーを呼べなかったりします。

Didiのさらなる発展を期待します。

中国で自転車シェアのmobikeとofoは凄かった

f:id:abroaders:20170425132752j:plain

北京や天津では、今自転車のシェアリングエコノミーが台頭しています。

どうやらofoは北京大学の学生ベンチャーらしいのですが、街中で使われまくっています。

なんと30分が0.5元ですので、大体1時間乗っても20円ぐらいです。

支払いはWechatのQRコードで簡単に決済できます。

決済すると鍵が開いて使える仕組みです。

色々と自転車を川に捨てられたり、部品を盗まれたりと問題も起きているようですが、その勢いは1日2000万台利用されるなど、とどまるところを知らないようです。

タクシーが捕まらない今、この勢いはさらに加速するのではないでしょうか。

雨が振ったりしたら自転車はいやですが・・・

北京・天津旅行のまとめ

f:id:abroaders:20170425132907j:plain

とりあえず旅のまとめを。

中国国内でのスマホ・Wechat・決済手段の普及が凄まじい

北京で天津でも、電車の中でスマホをしている人をよく見かけました。

中国人は日本人と同じように電車内の至る所でスマホをしています。

すさまじい勢いでのスマホの普及、Wechatの普及、それに伴う決済手段の普及を感じました。

ただ、天津ではすさまじく日本のクレカが使えなかったので、旅行に行かれる際は注意が必要です。

天津の観光地でも基本的にwechatや銀聯カードしか使えないことが多いので、高級店以外は、ほぼキャッシュ払いと考えた方が良いように思います。

確かに中国で決済手段は普及しているんですが、それはWechatやAlipay、銀聯カードを保有する中国人のためのインフラであり、外国人観光客にはそんなにまだ優しくないように思いました。

銀聯カードをお持ちでないようでしたら、海外専用プリペイドカードあたりを準備しておくと現地通貨でキャッシュの引き出しが可能です。

天津のGDPは成長しているものの、街の空気感はなんとも言えない…

天津はGDP上は着々と成長しているようですが、実際に行った感想としては、あんまり街に活気は感じられませんでした。

やはり爆発事故があったせいなのでしょうか?

また、筆者が平日に行ったためいろんなところが空いていたのか、それともいつもそうなのか…

バブル崩壊とは言わないまでも、東南アジアみたいな活気は、街にはあんまりなかったように思います。

余談ですが、こういうことを考えると、東京タワーやスカイツリー、六本木ヒルズなどの東京の観光地は平日でもいつも人気なようには思いますので、東京は観光スポットとしてはまだまだ人気なように思えました。

中国はそんなに外国人観光客には優しくないかも

最後に、もし中国語が全くできないで個人旅行をするのであれば、正直ツアーの方が良いのかもなぁと思います。

上でも書きましたが、あんまり外国人観光客には優しくない国です。

お店では基本的に英語は通じませんし、北京でもそうなのですが、天津では尚のこと中国語ができないといろんな人と意思疎通が測れません。

しかも北京語も鈍っているのか、北京で旅行していた時よりも、天津では相手の中国語はかなり理解できなかったです。

自分が話していることは理解してもらえても、相手が話していることが分からないという…

北京に2年以上駐在している友人も、天津の田舎の方に行くと、同じ北京語でもなまりすぎていて30%ぐらいしか分からないとのことでした。

なかなかハードルが高い中国語です。

また、wifiもそんなに至る所で飛んでいる訳ではないので、旅行に行かれる際は中国WiFiルーターを利用されることをオススメします。

もしくは海外旅行全般的にイモトのWiFiがオススメです。

僕が天津や北京を観光した日はたまたま曇りでしたが、帰国日はめちゃくちゃ晴れていたので、上手く晴れの日にあたればとても空気も良く、もっと綺麗な景色が見えるかもしれません。

ではでは。

おすすめのビジネス英会話スクール
おすすめのプログラミングスクール

関連記事

モスクワは都会的!観光ならサンクトペテルブルグよりしやすい?

アムステルダムからロッテルダムへの行き方とオススメ観光スポット2つ

ロンドン日本食チェーン!Wagamama・Wasabi・itsu・Eat Tok...

万里の長城への行き方・時間・入場料を鑑み「慕田峪長城」ルートが一押し。

ブリュッセルからブルージュやアントワープへは電車で1時間!おすすめですよ

【カンボジア旅行記】女性一人旅は癒されると評判みたい