アンコールワットとアンコールトムの違いは?女性一人旅にもおすすめなカンボジア

Cambodia

カンボジアのシェムリアップでの観光といえば、やはりアンコールワットでしょう。筆者も御多分に洩れず、世界遺産のアンコールワットに訪問してまいりました。

欧米人にとってはリゾートとしても認識されていカンボジアですが、最近日本ではカンボジアへの女性ひとり旅(心と体を再生させる癒やし女子旅 in アンコールワット)が流行ってるみたいですね。

まあカンボジアは普通に一人でふらふらしても面白いんじゃないかなと思います。

筆者個人的にはアンコールワットは、何と言ってもアンコールワットから見える夕日が綺麗でしたね!

アンコールトムは都市の遺跡

アンコールトム

アンコールワットのご紹介をする前に、アンコールトムにも訪問して来ましたので、ご紹介します。

アンコールトム

そもそもアンコールトムとはなんでしょうか?

Wikipediaによると…

アンコール・トム (Angkor Thom) は、アンコール遺跡の1つでアンコール・ワット寺院の北に位置する城砦都市遺跡

12世紀後半、ジャヤーヴァルマン7世により建設されたといわれている。周囲の遺跡とともに世界遺産に登録されている。

アンコールは、サンスクリット語のナガラ(都市)からでた言葉。またトムは、クメール語で「大きい」という意味。

つまりは、都市の遺跡らしいです。

中に入るとこんな感じです。

アンコールトム

ちなみに入り口では象にも乗れます。

アンコールトム

色々と中は趣深い光景が広がっていましたが、正直そこまで世界遺産に関心のない方は、ふーんという感じで過ぎ去ってしまうようには思います…

ちなみに出口付近では美味しいスムージーが飲めます。

スムージー

話が逸れましたが、とてもスムージーは美味しかったです。

スムージー

はい、それではいよいよアンコールワットです。

アンコールワットは寺院

アンコールワット

続いてアンコールワットです。

ここでも再びWikipediaによると…

アンコール・ワット(クメール語: អង្គរវត្ត, 英語: Angkor Wat)は、カンボジア北西部に位置するユネスコの世界遺産(文化遺産)であるアンコール遺跡の一つであり、その遺跡群を代表するヒンドゥー教寺院建築

サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。

大伽藍と美しい彫刻を特徴としクメール建築の傑作とされ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれている。

要はアンコールワットは寺院建築とのことです。

中はこんな感じです。

アンコールワット

こちらも色々と趣深かったようには思います。

アンコールワット

個人的にはアンコールワットは建築そのものよりも、夕日が綺麗でした。

アンコールワット

カンボジアのシェムリアップに来てアンコールワットに訪問しないという選択肢は正直ないと思いますが、あまり遺跡に関心のない方でしたら、夕方にふらっと来て夕日を眺めるだけで十分かもしれません。

色々とアンコールワットの中には安くお土産を買えるところもありましたので、観光がてら数ドルでお土産を購入しても良いかもしれません。カンボジアの民族衣装みたいな服とかを安く購入できます。

筆者もカンボジアへは普通にツアーでいきましたが、女性で興味のある方は「心と体を再生させる癒やし女子旅 in アンコールワット」に参加してみても良いかもしれませんね。

おすすめのビジネス英会話スクール
おすすめのプログラミングスクール

関連記事

ロンドン日本食チェーン!Wagamama・Wasabi・itsu・Eat Tok...

アムステルダムからロッテルダムへの行き方とオススメ観光スポット2つ

北京で火鍋なら海底撈火鍋(王府井店)!北京ダックは大董烤鴨店!池袋にもありますが...

チューリッヒからベルンへの料金や行き方は?電車で1時間!おすすめ観光スポットもろ...

ロンドンからエジンバラへ移動なら電車(鉄道)!おすすめはグラスゴーとのセット旅行

ロッテルダムからデンハーグは電車で30分!ユトレヒトも良い街でした。