人生で大切なものは何か?それを明確にし、その大切なことに時間を使うことが重要

Time

ネット上で話題だった人生の勝算 (NewsPicks Book)を読みました。

普段こういう本は読まないのですが、個人的に気になっていた本でしたので読むことにしました。

1時間ぐらいでさくっと読める内容です。

ノマドワーカー的な生き方はとはだいぶ違いますが、ふと思ったのは、「一人でできることには限界がある」ということです。

それ以外の感想は以下に書いておきます。

自分の運命に負けたくない

この本でも度々出てきましたが、自分の運命に負けたくない、自分の運命に打ち勝つ、また、人生の勝算という言葉は、とても良い言葉だなと思いました。

ただ、それ以上に自分に響いた言葉は、「自分の人生において何が大切なのかを明確にすべき」ということです。

本書では著者の兄の話が出てきます。

兄はとても家族を大切にしている人のようです。

兄におっては家族が人生において一番大切なもので、実際に家族に一番の時間を割いているという内容が途中で出てきます。

ここで筆者は久しぶりにハッとさせられました。

自分の人生において、何に時間を使うべきなのか?

Time
自分が大切にしていることに時間を使うべきだという至極当たり前のことを思い出しました。

筆者は海外をぷらぷらするのが好きなのでぷらぷらしています。

海外に滞在することが人生において一ミリも重要でない人は行く必要もありませんが、筆者は好きだからしています。

ただそれだけのことで、自分が好きなこと、自分が本当に大切にしていることに時間を使うべきだというのは、まさにそうだなと、ふと思い返しました。

たまに飲み会で毎回会社の不満や現状の生活に対する不満を言っているサラリーマンを見かけますが、こういう人は基本的に仕事よりも優先度が高いものがあるにもかかわらず、仕方なく仕事をしているパターンです。

これほど残念なことはありません。

例えば「家族や恋人 > > >仕事」なのにもかかわらず、残業して仕事ばっかりしている人は、とても人生を無駄にしています。

何よりも仕事が大事で、仕事をすることが楽しくて仕方がない、仕事が生き甲斐ですという人が、仕事ばっかりするのは全然良いことだと思います。

ですが、そうじゃない人が労働に時間を使っているのはとても残念な状況ですし、日本で自殺率が高い理由にも繋がるのかなと思ってしまいました。

自分の人生において何に時間を使うべきなのか?

自分の人生において本当に大切なものは何か?

これはもう一度真剣に考えてみるべきなのでしょう。

そして、大切なものは別に一つではないかもしれません。

大切なものは何個かあるのかもしれません。

それが見えたら、大切なものに優先順位をつけて、選択と集中すべきです。

何かを手に入れるためには、何かを捨てる覚悟が必要

なぜか世の中の多くの人は、全てを手に入れることができると思っています。

ノマドワーカーの筆者からすると、かなり馬鹿げた考えのように思います。

一般人が何かを手に入れるためには、何かを捨てなければなりません。

これは当たり前の世の中の真理なように思います。

何の努力もせずして自分の欲しいものを手に入れられることができるというのは、限られた天才や生まれつき恵まれた人のみに与えられた特権です。

ビルゲイツがいうように、世の中は公平ではありません。

生まれた時点で格差もあります。

ですが、日本に生まれた時点で、多くの人には選択肢が与えられているとは思います。

生まれながら逆境に立たされる人もいるかもしれませんが、自分の人生に打ち勝つチャンスを与えられています。

これを生かさない手はないでしょう。

人生の勝算 (NewsPicks Book)は、ふとそんなことを思わせてくれた本でした。

好きなことをして自由気ままに生きれる時代

Vacation

ちなみに以前「20年ぐらい同じ会社で働いてきてる人ってすごいな〜って思う」って言ってた人がいましたけど、2017年の現代においては、もはや3世代ぐらい昔の話かなって気がします。

ついに先日Newspickでも「億り人」の話が掲載されましたが、基本的に多くの人は初任給で3億ぐらい稼げたら会社を辞めるわけです。

そして、現代においてはいくらでもお金を稼ぐ方法はあるということです。

「石の上にも3年」とかっていつの時代の話ですか?って感じですし、気づいた人から、どんどん人は人らしい活動にフォーカスしていくんです。

時代の変化とともに考え方を変えれない人はいるんだな〜と筆者は思ったわけです。

筆者もそうですが、もう完全に好きなことしてぷらぷらして生きていける時代です。

ゲームのルールはとうの昔に変わってます。

ただ、その会社や組織で働くことが好きで楽しいのならば、辞める必要は一ミリもないですので、いんじゃないでしょうか。

筆者もまた組織で働くことがあるようには思いますし、それはそれで楽しい気がします。

そもそも組織で働くことが楽しいという気持ちは、筆者も前組織にいたのでわかりますし、実際に筆者も楽しんでいました。

ですが、今はもはや組織で働く際に自分は給料とかいらないですし、その場合は真にその仕事をしたいと思ってやるんだと思います。

ですので、真に自分がやりたいことができそうな環境以外には入る気はありません。

いやいや残業したり、ただお金を稼ぐためだけに労働する時代は、もう終わりました。

イケダハヤト氏が「まだ労働で消耗してるの?」というブログタイトルに変えてあおっていましたが、まさにその通りで、現代においてはお金を稼ぐ手段もいくらでもあります。

別に「労働」で稼ぐ必要性はもうないんです。

お金でお金を稼ぐ人もたくさんいますし、インターネットを使って海外ノマドしている人々もたくさんいます。

日本人なら基本的にほとんどの国に移住可能ですので、東京が嫌なら海外でふつーに生きていけばいいんです。

もうそういう時代ですし、もうそれが、完全に、可能な時代になりました。あとは正直、やるかやらないかだけなんです。

いつまで昔のゲームのルールで生きているのか…


時代は変わりました。

現代は昭和ではなく平成です。

そしてその平成ももう終わり、デジタルネイティブが続々と生まれ、世の中はどんどん変わっていきます。

これは別に全ての人ではないんですけど、ずーーーーっと同じ場所にいたら、他の世界を想像することなんて無理なんです。

例えば同じ会社でずーーーっと働いていて、外の世界がよくわからないって感じになっていたら、それはもう視野は狭くならざるをえません。

例えば、同じ会社で働いていても「いや〜同期は特別だよね。同期ラブ!」みたいに言ってる人をみると、なんかもう一生その世界から出られないんだろうな…という感じがしてしまいます。

彼らはそれが楽しいんでしょうし、彼らがそうなっちゃうのは個々人のせいというよりも、周りの環境に人は影響されて洗脳されていくので、まあ仕方ないのでしょうね。

ただ、今に何かしら不満があるなら、もう捨てていいんですよ。

何か新しいことを成功させるために、「今あるものを捨てる」というのはある気がしますし、もうそういう時代ですからね。

今あるものを捨てて、またスタートするってのが良いんじゃないでしょうかね。

それは10億円もらっても続ける仕事?

Money

本当に、「その仕事は、10億円もらったとしても続ける仕事?」という問いに対して「NO」であるならば、それはきっと何かを変えた方が良いとは思います。

かのスティーブ・ジョブズも、こんなことを言っていました。

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

(もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることは、本当に自分のやりたいことなのだろうか…?)

要は「明日死んでも後悔しない生き方」をした方が良いということです。

きっと多くの人は、初任給で10億円をもらったら、次の日にはその会社は辞めているんじゃないでしょうか?

それは、その仕事が「本当に自分が心の底から人生でやりたいこと」ではないからですよね。

中には修行期間のために一年間ぐらい企業で働いている人もいるかとは思います。

筆者も若い時は将来にレバレッジを効かせるため、「修行のために一定期間働く」という気持ちがありました。

ですが、準備が完璧に整うことなんて一生ありません。

それに気づいたあとは、とっとと会社を辞めてバッターボックスに立つことにしました。

その結果、色々と回り道もありましたが、だいたい1年半ぐらいで時間的にも経済的にも特に困らなくなりました。

Time is Money(時は金なり)

時間

「時は金なり」という言葉があるぐらい、「時間」はとても大切です。

あなたにとって、人生において何が一番大切でしょうか?

そして、その一番大切なことに、実際に時間は使えているのでしょうか?

筆者は、本当に自分にとって大切なものにだけ「時間」を使いたいと考えています。

そして、その大切な「時間」を誰と使うのか?

これも、筆者にとっては非常に重要です。

筆者もこれまでに随分無駄な時間をどうでも良い人に使ってしまい、だいぶ回り道をしてきました。

ですが、筆者はもうアラサーですので、今後は「10億円もらっても続ける仕事」だけに取り組んで生きていくつもりです。

再度企業で働くとしても、エキサイティングな人々がいる職場や、真に自分のやりたい事ができる職場だけで働くつもりです。

そうすればきっと、深い後悔はせずに生きていけると確信しているからです。

アラサーでノマドができる理由

ロンドン

今年ノマドした国は10ヶ国以上で、写真はイギリスのケンブリッジでパンティングをしていた時の写真です。

日本にいる時は基本的に東京にいますが、日本が寒い時は暖かい国へ、日本が暑い時は涼しい国へ滞在しています。

こんな感じで海外をぷらぷらしていても、特に困らない理由の一つには「英語」があります。

筆者もなんだかんだ英会話スクールに通ったり、海外の語学学校に通ったりして、時間をかけて「英語」を身につけてきました。

ぶっちゃけ費用も時間も相当かかってますが、アラサーになった今では、早いうちから「自分に投資」しておいて良かったなあという気持ちしかありません。

おすすめの英会話スクールはこちら

なんでも良いのですが、「自分に投資する」ことが、結果的には一番高いリターンを生み出します。これはプログラミングについてもそうかなと思っています。

おすすめのプログラミングスクールはこちら

職場にせよプライベートにせよ、自分の人生にとってどうでも良い人々と長い時間を過ごしてしまうことほど、「人生の時間の無駄な使い方」はないんじゃないかなと思います。

おすすめのビジネス英会話スクール
おすすめのプログラミングスクール

関連記事

20代で年収いくらあれば幸せ?真の目的はお金からの解放であることに気付こう

クレジットカード

ゴールドカードのメリットはない?持つ意味はない?男性ホルダーの感想

ユーロの両替はどこですべき?海外ATMで現地通貨引き出しがオススメ

ノマドワーカー

ノマドワーカーという生き方をしても飽きるというのはある気がする

日本だと幸せになれない?日本で生まれ育ったから自分は恵まれていると思った話

クレジットカード

海外留学におすすめのクレジットカード3つを海外ノマドが選んでみた